ストレス発散で大切なこと

メンタルヘルス法案が可決されるほど、日本はストレス社会であります。理由は二つあります。

ひとつはホワイトカラーの生産性が求められている点です。事実、年収一千万円以上のホワイトカラーには残業手当がつかず、成果主義にシフトしているケースが多くみられます。結果的にその部下である従業員たちが生産性を求められるのは当然です。

もうひとつは日本社会は子育てを母親が背負うシステムになっている点です。特に乳児から未就学児までのワーキングマザーは子育てと仕事の両方でストレスを抱え込みやすい現状となっています。しかし、女性がストレスを溜めることで、本人はもちろん周囲の人たちにも迷惑することになります。そこで必要になるのがストレス発散です。

具体的な方法には何を思い浮かべるのでしょうか。いろいろあると思いますが、子育てと仕事で女性には時間の制約がつきまといます。限られた時間を有効に使って、一番心に効くストレス発散をしたいものですよね。
ストレス発散を効果的にするためにしてほしいことがあります。それは、自分の性格が外交型か内向型について把握することです。外交型であれば人と接する方が気持ちが落ち着きます。一方、内向型は一人でいる方が気分転換になります。外交型と内向型のタイプを見分けないで、逆の行動をとると余計にストレスが溜まるので注意が必要です。

趣味をストレス発散にするのはとても良い方法です。本当に「好き」なことをしている時は、時間を忘れるものです。どんなに打ち込んでも疲れを感じないものこそが、ストレス発散に役立つ趣味だといえるでしょう。プライベートを充実させて心に余裕をつくり、仕事のストレスに向き合うことがなによりも大事です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です